「長期優良住宅」標準仕様

国が定めた長期優良住宅認定制度の基準をクリアし、行政の認定を受けた住宅のことです。資産価値を保ちやすくなるため次世代に住み継げる住宅をつくることで、将来にわたり有効に活用でき、住宅ローン減税など各種税金の軽減や、住宅金融支援機構の固定金利住宅ローンの金利引き下げなど様々なメリットがあります。

 

 

税制面でさまざまな優遇が受けられます!

長期優良住宅の認定を受けることで、住宅ローンの金利優遇、税金面の優遇が得られるなどの、金銭的でお得なメリットが大きいのも魅力です。

必須スキル

  • ディレクションの実務経験

  • ​マーケティング分析経験

  • Google Analyticsの実務経験

  • ビッグデータ分析経験

税制面でさまざまな優遇が受けられます!

長期優良住宅の認定を受けることで、住宅ローンの金利優遇、税金面の優遇が得られるなどの、金銭的でお得なメリットが大きいのも魅力です。

​長期優良住宅

一般住宅
2,500万円の場合

※固定資産税評価額を請負金額の70%、

住宅ローンの借入額を4,500万円と仮定

住宅ローン最大控除

プラス91万円

不動産取得税

プラス3万円

1,200万円から1,300万円へ

登録免許税

0.45%から0.3%へ

プラス3.75万円

​固定資産税

3年間から5年間へ

プラス35万円

​地震保険割引

(地震+家財)

プラス10万円

住宅ローン金利優遇

フラット35
借入当初10年間0.25%引き下げ

プラス61万円

◇試算例◇
借入額2,500万円(融資率9割以下)
借入期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし、借入金利年1.50%の場合

差額が約200万円も!!