ホームプライバシーポリシー会社概要お問い合わせ・お見積もり

ペットと暮らせる住まいとライフスタイルに合わせた新築工事・リフォームを提案する湘南を中心とした中川工務店へ

リフォームから新築まで小田原を中心に活動する中川工務店です

中川工務店 介護リフォーム  介護を受ける方、日常世話をする方双方にとって快適に暮らすことのできる家

介護リフォーム

住宅改修の流れ

→介護保険ご利用の場合

■介護保険をご利用の場合、限度額20万円まではご利用者のお支払負担額は1割となります。「中川工務店」は南足柄市(H21年4月より)の介護保険住宅改修等受領委任払い取扱事業者に登録されています。受領委任払い制度とは、ご利用者様の支払を初めから1割分で済むようにすることで、ご利用者様の一時的な負担を軽減するための制度です。
■介護保険の認定(7段階での審査判定)を受けていれば、住宅改修工事ができます。
■役所への改修事前申請書類作成と改修事前申請は弊社にて代行いたします。(改修事前申請書類には担当ケアマネージャー様か役所のケースワーカー様の理由書が必要となります。)

限度額<br />
20万円のうち9割りが給付負担額1割程度1.手すりの取り付け
2.段差の解消
3.床材の変更
4.引き戸等への扉の取替え
5.洋式便器等への便器の取替え
6.上記に付帯する工事費
※その他、各市町村による助成制度が受けられる場合があります


住宅改修の流れ

介護保険制度

介護保険は、サービスにかかった費用の9割を保険給付として受けられます。
平成18年4月からは、要支援・要介護の状況によって「介護給付」と「予防給付」の2つが給付されます。
サービスを受けるには、市町村の要支援・要介護の認定を受けて、つねに介護サービスを必要とするとされた人は、「介護給付」(要介護1~5)、要介護状態になる恐れがあって日常生活上の支援が必要であるとされた人は、「予防給付」(要支援1・2)として介護予防サービスを受けられます。

→介護保険サービスの利用に当って要介護認定の申請は役所へ。

介護サービスを受ける場合には、寝たきり、痴呆や虚弱など、介護を必要とする状態にするかどうかについて、役所の要介護認定を受ける必要があります。
申請から認定までは、原則として30日以内に行うこととされていますが、新規の認定の効力は認定結果が出た日からでなく、申請日にさかのぼって発生します。

介護保険サービスの利用手続き

区分 サービス支給限度基準額の目安
要支援 1 要介護状態とまでは認められないが、日常生活上の支援が必要 4万9700円
2 要介護状態とまでは認められないが認知症自立度が高く、日常生活上の支援が必要 10万4000円
要介護 1 認知症の度合いが高く出ていて問題行動もあるため一部の介護が必要 16万5800円
2 立上がりや歩行などが自力で困難であり、一部の介助か全面的な介助が必要 19万4800円
3 起上がり、寝返りが自力ではできなくて、全面的な介助が必要 26万7500円
4 寝たきりなどをはじめ、日常生活の能力がかなり低下して、全面的な介助が必要 30万6000円
5 寝たきりなどをはじめ、日常生活全般にわたって、全面的な介助が必要 35万8300円

住宅改修費の工事種別

浴室リフォーム 手すりの取り付け 段差の解消 滑りにくい床材へ交換 階段リフォーム 手すりの取り付け 滑り止めの設置

トイレリフォーム 手すりの取り付け 段差の解消 洋式トイレへ交換 階段リフォーム 手すりの取り付け 段差の解消 スロープの設置

上記以外にもリフォーム工事を数多く取り扱っております。
お気軽にご相談ください。