ワークスペースの考え方


コロナ禍でリモートワークが普及してきた影響で、ワークスペースを希望されるお客さまも増えてきました。どこに配置するかによっては仕事効率や家族とのコミュニケーションのあり方も変わってきてしまいます。


一般的にはリビングの一角にカウンターテーブルと椅子を配置するというスタイル。お子さまの面倒をみながら仕事をしたいという方には良いと思います。
ただし、家族の話し声や足音、テレビの音が気になるかもしれません。


最近多いのがご夫婦ともにリモートワークになったというパターンです。電話やオンライン会議の声が気になるという意見もよく聞かれます。
ご夫婦でリモートワークをされる可能性がある、仕事に集中できる空間が欲しいという場合はリビングと寝室、階段下など、仕事ができる場所を複数設けられるのがおすすめです。


「会社に出勤する」という働き方がこれからずっと続くとも限りません。技術が発達してきているので、コロナが収束してもリモートワークという働き方は普及し続けると思います。
フリーランスやノマドワークなど、働き方も多様化しています。可能であれば自宅でも会社と同じように集中して仕事ができる書斎や仕事部屋を設けるのも良いかもしれません。

その為に大きなスペースをとる必要はないとは思いますが、実例はまたInstagramにも掲載します。



閲覧数:24回