top of page

S邸 新築工事 小田原市


建築家 赤松 純子 



延床面積 :97.70㎡ (29.55坪)

土地面積 :154.77㎡ (46.81坪)


『 遥か遠くを望む家 』

北側道路のメリットを生かし、窓を絞ったミニマムなファサードを作りました。

線路向こうに広がる遠景を楽しむ窓は十字の連窓とし、ファサードのアクセントに

水廻りを2階にあげることで、南の庭スペースも確保しています。

道路からは丸見えにならないよう、玄関を横に振りました。

玄関からシュークローク、パントリーを通ってキッチンへと、帰宅動線はひと繋がりです。

LDK空間は、ワークスペースや小上がり、階段下と一体になった空間。

どこにいても視線を交わせ、会話ができる配置です。

庭スペースを確保するために、水廻りは上下に分かれていますが使い勝手を考え、階段のすぐ横、上がってすぐの正面に配置しました。

2Fプライベートゾーンは、中央に共有の機能ゾーン、北と南に個室を配しました。

光溢れる南に子供部屋、主寝室は仕事に集中出来るように北へ

この家で、嬉しいこと楽しいこと、沢山の家族の時間を重ねていけますように。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page