太陽光発電 パネル +蓄電池+高性能住でエコで快適&安心な暮らしを実現!

中川工務店で、LIXIL製の太陽光発電パネルの搭載に加え、蓄電池も導入した Sさんご夫妻。 導入にいたったいきさつなどを、株式会社 LIXILの小林さんと対談していただきました。

Interview 

LIXIL 対談レポート

小林万里江さん

株式会社 LIXIL TH 統括部 TH 営業部

プレゼンター 神奈川エリア担当

interview.png
interview1.jpg

小林さん:本日はよろしくお願いいたします。とても素敵な家でうらやましいですね。
早速ですが、今回太陽光発電パネルと蓄電池を採用されたわけですが、どのようないきさつだったのでしょうか?

ご主人:万が一災害が起きた際のエネルギーの確保が、家づくりの重要事項のひとつと考えていたことが採用の理由です。

奥様: 私は東北出身なので、やはり震災を意識しました。 冬場に灯油ストーブを使ってもスイッチは電気。夏場も 扇風機を使うのにも電気が必要ですし、停電などで電気が止まると本当に困ります。実際にこちら(神奈川県)で停電した時には、子ども2人を連れて停電していない 隣の市にあるショッピングモールまで行って涼みまし た。 SDGs とかカーボンニュートラルということよりも、日々の生活で電気が 使えなくなるのが 怖いというところから 、太陽光発電パネルと蓄電池を備えた家にしたいと思いました。

小林さん:家づくりのどの段階で太陽光発電パネルや蓄 電池の導入を考えたのですか?

ご主人:太陽光発電パネルは最初からですね。いつ何が 起こるかわからないので。蓄電池に関しては、候補のひとつでしたが、高額なものですから 絶対的なものではありませんでした。専務が予算配分などをうまく調整してくださり、「いける」ってなった時に喜んで導入を決めました。

奥様: コロナ禍は特に関係なく、缶詰やレトルトなど日 持ちのするものを備蓄しています。

小林さん:作り置きや 、大量買いして 冷凍庫にストックしている方も多いと思います 。 そのような理由から「 もし停電になったらどうしよう 」と心配される方 が最近増 えてきているとうかがっています 。そのような面からも、蓄電池があれば安心ですね。

奥様: 確かにそうですね。ただ 私の場合 、 作り置きは災害のことを考えてというよりも、忙しい時のために、時 間に余裕がある時にしている感じですね。

ご主人:冷蔵庫はもちろん、日々の生活の助けとなるのが多くの家電です。以前停電した 際に 、パソコンがダメージを受けたことがあるんです。蓄電池があれば防げたことでしょう。 3 .11 の時にはこちら(神奈川県)で生活をしていましたが 、計画停電がありました。そこで得た体験というのは、今回の家づくりに役立っています。家電の向こうに LIXIL の蓄電池がある、そんな出会いでしたね。

小林さん:私も作り置きをするのですが、去年の夏の停電時には、せっかく作ったものがダメになってしまうかとひやひやしました。幸いその時はすぐに復旧したのですが、停電になった瞬間はいつまで停電が続くのかわからないので心配ですよね。新居には蓄電池を入れていますので、1〜2 日は電気が供給されるので安心感がありますね。

奥様: 震災があって何日も電気が使えなくなった時のことを想定して蓄電池を導入したのですが、 作り置きなどにも役立つというのは考えていなかったです。日々の生活の大きな安心につながりますね! 

ご主人:趣味で音楽をやっていて、パソコンや電子機器も使います。以前停電で壊れた パソコンには大切なデータもたくさん入っていました。これからは蓄電池のありがたみを感じながら、日常生活も趣味も楽しめると思い ます。

小林さん:住んでいるだけで勝手にエコで、勝手に SDGsになるので、気兼ねなく電気を使えて、趣味の音楽の作曲も電気代を気にせずに没頭できますね 。データが飛んでしまう心配もなく。入居が楽しみですね!

奥様: 暑いと図書館に行こうとか、ショッピングモール に行こうなどと思っていましたが、これからは避難しなくても家で過ごせばいいのかなと。自分の家でまかなっている電気ですからね。

小林さん:中川工務店さんの家は性能が高いので、少ない電気で 光熱費をまかなえるのもポイントです。省エネでない家は太陽光で発電する量以上の電気を使ってしまいますから。

奥様: 子どもに習い事をさせるのもいいと思いますが、 自分の家は太陽光発電パネルと蓄電池が付いていて、屋根の上でつくった電気が日々の生活で使う電気になっている。それが学びになるのかと 。どんな習い事にも代えがたい 、そういう環境で子育てができるのも魅力だと思います。

小林さん:小学校でも総合学習の時間でSDGsやエコについて学んでいます 。それがご家庭の中で、実体験をもとに学びにつながるのが素晴らしいですね。

ご主人:LIXILの電話窓口になってくれている女性が、 本当にとても親切で丁寧に教えてくれるんです。 情報が氾濫し、情報迷子になりそうなところ、その中から情報を絞っていくにあたり応援してくださる人がいてくれたことに感謝しています。

奥様: 入居前ですし、 実際に使ったわけでもなくどういう商品か体感していないのに 、太陽光発電パネルと蓄電池に200万円ぐらい投資しました。そのような買い物を今までにしたことがなかったので、ドキドキ感 がありましたが、導入して良かったと思います。

小林さん:初期投資は少し多くなりますが、これからランニ ングコスト分でどんどん相殺されていきますし、プラス、こんな快適で素敵なおうちに住めるので 、いいことづくしですね。本日はどうもありがとうございました。

_KZ68387_00027.jpg

停電時にも 冷蔵庫が動くため 蓄電池は作り置きにも安心

小林さん:コロナ禍が長引いていますね。 コロナ禍になってから作り置きをする人が増えたというデータがあ るのですが、奥様は作り置きをしていらっしゃいますか?

interview2.jpg

屋根の上でつくった電気を自分の家で使う お子さんが実体験を通して学べる良さも

interview3.jpg