top of page

一般的には馴染みのない構造見学会!実は家づくりでとても重要なアイテム



みなさんは構造見学会と言う言葉にあまり馴染みが無いのではないでしょうか?


注文住宅の見学会には完成見学会と構造見学会のニ種類があります。完成見学会とは完成したお客様のお宅を実際に

見て体感して頂けるイベントの事です。

その会社の仕様や雰囲気を確認出来るみなさんにとって、家づくりをどの会社にお願いするかを決定する重要な要素の一つである事に間違いありません。


そしてもう一つの見学会である「構造見学会」は実は我々プロにとっては完成見学会以上に大切なイベントです。

その理由としてみなさんが普段見ることのできない基礎や骨組、構造材、金物や断熱材など、どのような工事をしているのか?詳しく見ることができ、その会社の品質や家の安全性など家づくりにおいてとても重要な要素が確認ができます。


構造見学会に行くとこれから実際にお客様が住む建築途中の家を見る事ができます。そして誤魔化しようのない会社のこだわりを知ることができます。

家づくりライフプランニング

1:見えない部分を確認できる

構造見学会の大きなメリットは、完成後は見られない壁中や床下などを自分の目でチェックできることです。

注文住宅などは、基本的に住み始めてから内部の確認はできません。

完成前に見ておけば、後に手抜き工事が発覚したり、住宅トラブルになったりするリスクを防げます。

また耐震性・耐熱性といった性能は、見えない部分で工夫しているのが一般的。

構造見学会なら、性能に関わる細かい部分を確認しながら説明が受けられるので、より納得した家づくりが可能です。


2:説明が頭に入りやすい

構造見学会に参加すれば、基礎や構造への理解が深まります。

図面を見ながら口頭で説明を聞くだけでは、よく分からない内容もスッと頭に入ります。

気になることがあれば、その場で質問し解決できるのも、構造見学会のメリットです。


3:現場の雰囲気が分かる

建物の構造だけでなく、現場のスタッフの家づくりに対する姿勢を確認できるのも、構造見学会ならでは。

実際の工事現場を見学したり、話を聞いたりすることで、大工さんや職人さんたちの雰囲気を肌で感じられます。

構造見学会でのチェックポイント

「構造見学会に参加したら、具体的に何を見れば良いのだろう」という方は多いはず。

ここからは、確認するべきポイントを解説します。


【 家の構造・工法 】

まず確認したいのは、家の構造や工法です。

建物にはベースとなる工事の方法があります。

それぞれに特徴があるので、見学している住宅の工法を知り、自分たちの家づくりの目的や予算に合っているか確認してくださいね。


工法のチェックポイント

* 地盤に合っているか

* 断熱性や気密性はどうか

* 耐震性に対する工夫はどうか

* 理想の空間デザインが叶うか

* 将来増築することはできるか



中川工務店の構造見学会では、現場監督がご案内いたします。構造や材料の選定などについて分かりやすく説明いたします。また、質問や疑問点にもお答えする時間を設けておりますので、家づくりに関する不安や疑問を解消する絶好のチャンスとなることでしょう。


家づくりの舞台裏に触れ、建築の専門家やスタッフと交流する貴重な機会です。ぜひ、ご家族お揃いでお越しください。ご参加、心よりお待ちしております。(最新日程詳細につきましては、下記フォームよりお問合せください。)



構造見学会




bottom of page